プロタイムズ敦賀店 岡本ペンキ店|福井県・敦賀市の外壁塗装専門店!地元で愛され70年

お役立ち情報

外壁塗装と合わせて行うこと

皆さんは外壁塗装をお考えになる際、外壁を塗るだけでは十分ではないことをご存じでしょうか。

これから外壁塗装と合わせてした方が良い事をお伝えします。

 

影山邸 劣化状況_200923_3

こちらの写真は外壁材のつなぎ目(目地)と呼ばれる部分です。

この目地を隠すためにシーリングというものを打ち付けて水の侵入を防いでいます。

これは本来ゴムのように柔らかく、外壁の動きに追従してくれる素材ですが、劣化すると固くなり

上の写真のように破断したりひび割れたりします。

破断している所から雨水の侵入はありますが、外壁の内側に防水シートがありますので直接建物の中に水が入ることはありません。

しかし、その防水シートも劣化しますし何より外壁材の側面に問題が発生します。

外壁材の多くは表面は塗装されていますが側面は塗装されないで出荷されます。

そのため側面から水分を吸収し、変形や反り、ひび割れが発生してしまうのです。

 

外壁を塗装する際は目地のシーリングが劣化している場合がほとんどですので、既存のシーリングを撤去し、

新しいシーリングを打ち付ける打替えと呼ばれる工事が必要になります。

シーリングはお家を雨漏りから守る大事な役割をしていますので、外壁塗装をお考えになられる際は

シーリングも注意してみてください。